【保育士13人に聞いた】失敗しない転職先ランキング【満足度◎】

読者の悩み
  • 保育士を活かせる転職先はどこ?
  • 周りの人は転職してるのかな?
  • キャリアチェンジはできるの?
教えて!

 

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

 

いとちん

保育士からオンライン営業に転職したいとちんです。今では在宅で働いています!

 

 

この記事では、転職を成功させた『保育士経験のある友達13人』に話を聞いて、人気のある転職先をランキングにしました!

 

保育士を転職した人13人に聞いた

保育業界はもちろん、異業種なども合わせて『3つのカテゴリーのベスト5』を紹介していきます。

 

記事を読み終える頃には、自分にピッタリの転職先が見つかりますよ!

 

目次

ブラックとさようなら!人気の保育園ランキング

 

保育士

保育士は大変だけどやっぱり子どもが好き!

 

という理由から、保育園を変える方も多いですよね。

 

  • 家の近くで働きたい
  • 給料を増やしたい
  • 残業を減らしたい

 

こんな願いを叶えてくれるのが、保育園の転職です。

今の環境に不安がある方は、もっともベターな選択肢になると思います!

 

それでは、人気の保育園ベスト5と、その理由を簡単に紹介していきますね!

 

1位:企業の保育園

 

大手企業の保育園はダントツで人気です。

なぜなら残業が少なく、有給を取りやすいから。

ぼくも「ベネッセの保育園」で働いていましたが、休みはしっかりと取れました!

友人たちも、企業の保育園に転職する人が多かったですね。

 

  • 企業保育園のメリット
  • 残業が少ない
  • 有給を取りやすい
  • 給料も高め

 

<<企業保育の求人をマイナビで見てみる!

 

2位:公立保育園

 

安定の「地方公務員」で働ける公立の保育園。

給料も主任で500万円と高水準ですが、採用ハードルはめっちゃ高いです。

 

地方によっては倍率が10倍を超えるところもあります。

 

そもそも募集してない自治体も多いので、気になる方は役所のホームページで確認しましょう。

 

  • 公立保育園のメリット
  • 地方公務員で働ける
  • 給料が私立よりも良い

3位:病児保育

 

意外と人気だったのが病児保育。

風邪をひいた子どもを預かる「保護者からのニーズが高い」サービスです。

病児保育は「子どもの療育」が主な仕事になるため、一人ひとりとじっくり関われるのがメリット。

そのため、無駄な行事などもなく「保育士の負担が軽い」のが特徴ですよ!

ちなみに、保育士であれば特別な資格も不要です。

 

  • 病児保育のメリット

 

  • 保育士の負担が少ない
  • 保護者から感謝されやすい

4位:小規模保育園

 

ゆったりと保育ができる定員19人以下の保育園です。

落ち着いた環境の中で「家庭のような保育」をしたい人にぴったりですね。

ただ一つだけ注意点がありまして、子どもの数が少ない=職員の数も少ないです。

職員同士のコミュニケーションが密接なため、人間関係で悩みやすいかもしれません…。

 

  • 小規模保育園のメリット
  • 家庭のような保育ができる
  • 職員と性格が合えば天国

5位:派遣保育士

 

じわじわと人気なのが派遣保育士。

簡単にいえば、給料は正社員とあまり変わらず、やることが掃除中心になります。

派遣保育士が人気の理由
  • 子どもの前に立たない
  • 担任をやらなくていい
  • 行事を担当しない

子どもと遊ぶだけ?」と思った方もいるかもしれませんが、基本的には掃除と絵本の読み聞かせをします。

デメリットは卒園式を見れないことなので、寂しさは大きいですね。

 

  • 派遣保育士のメリット
  • 給料はあまり変わらない
  • 書類もほとんど書かない
  • めんどうな人間関係もない

<<派遣保育士の求人を詳しく見てみる

 

資格を活かす!保育業界で人気の転職先5つ

保育士 資格活かす

 

転職難易度
1
2
3
4
5

 

悩む保育士

保育園はもうコリゴリ。
でも、資格は活かしたいな〜

 

保育士の経験を活かせるのが保育業界!

保育園と同じくらい転職しやすく、新しい業務にもチャレンジできます。

 

実は、13人中8人が保育業界に転職していました!

保育士のセカンドキャリアとしてもおすすめです。

 

ここでは、保育業界で特に人気だった転職先を5つ紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

1位:民間の療育施設

 

障がいを持つ子と1対1で関わる仕事です。

 

支援計画を考える大変さはありますが、子どもの成長を近くで感じられますよ。

 

療育施設の中には「集団」で活動する施設もあるため、一人の子とじっくり関わりたい方は、個別の療育施設がおすすめ!

  • 労働環境もホワイトなことが多いです

 

また、民間の療育施設はほとんど大企業が運営しています。

保育士と比べても、給料や福利厚生が充実していますよ。

  • 民間療育施設のメリット
  • 子どもとじっくり関われる
  • 個別対応が主な仕事
  • 労働環境がホワイト

2位:保育園の運営会社

いわゆるOL、サラリーマンです。

保育園の認知度を広めたり、新しい園を作ったりするので保育士とは違った経験ができます。

多くの運営会社は「保育士経験2〜3年以上」の方を募集するので、現場での経験を活かせる人気の転職先ですよ!

3〜5年務めると、研修担当になる方も多いみたいです。「将来は保育士を育成したい」という方にもピッタリ!

  • 運営会社で働くメリット

  • 一般の会社員と同じ経験ができる
  • 給料も実力によって上がっていく

3位:ベビーシッター

個人の家に訪問し、赤ちゃんや子どもたちを保育します。

実は、ベビーシッターの給料は「時給」がほとんど。

平均は1200円〜1400円くらいですが、保育士の資格+経験がある人は「時給1800円」が相場ですよ。

 

いとちん

ぼくの友人は月30万円ほど稼いでいたそうです。
赤ちゃんと1対1で高収入なのは魅力ですよね

 

 

なお、ベビーシッターの求人をお探しの方は「マイナビ保育士」がいいですよ。専門の担当者が『無料』でベビーシッターの求人を教えてくれます。

 

  • ベビーシッターのメリット
  • 1対1で子どもと遊べる
  • 月30万円も可能
  • めんどうな人間関係がない

4位:保育用品の営業

 

アセる保育士

営業とか絶対ムリ。
ノルマとか厳しんでしょ?

 

とマイナスなイメージのある営業ですが、保育用品の営業はめっちゃホワイトですよ。

なぜなら、労働時間が平均7時間と短いから。

 

売れたおもちゃの数によって『ボーナスも追加』で入りますし、営業=ブラックはもったいないかと。

 

デメリットは「車の運転」がほぼ必須になるので、運転に自信がない方はやめておきましょう。

 

  • 保育用品の営業のメリット
  • 1日7時間と仕事が短い
  • がんばった分だけ稼げる

5位:保育専門の転職エージェント

 

 

人材不足の会社転職希望者の間に立って、両者をマッチングさせる職業です。

 

保育士の経験があれば「保育士の悩み」もリアルにわかるため、今までの経験を存分に活かせますよ。

 

また、給料がめっちゃ高いのも大きなポイント。

 

実は、人材派遣業界の『平均年収は約530万円と、保育士の1.5倍はあります。

 

「保育は好きだけど待遇に不満がある」という方には、保育専門の人材派遣はいい転職先だと思いますよ!

 

なお、「なんで高収入なの?」と疑問に思った方は「なぜ、保育士転職サイトは稼げるのか?」をご覧ください。理由を詳しく解説しています。

 

  • 保育専門の人材派遣のメリット
  • 保育士の悩みを解決できる
  • 年収が保育士の1.5倍

 

保育士から異業種に人気の転職先5つ

保育士から異業種

 

転職難易度
1
2
3
4
5

 

保育士

20代のうちに、たくさんのことを経験したい!

ここからは、保育士を離れて新しいことをやりたい方向けに、異業種で人気の転職先を紹介していきます。

保育士は資格さえあればいつでも働けるので、異業種で働くのも良い経験だと思いますよ!

自分は保育園以外に転職できるのかな…」と不安な方は『保育士から異業種に転職する方法』の記事で転職できる理由を解説しています!ぜひ見てくださいね。

 

1位:医療・営業事務

 

主に受付や、書類を作成する仕事です。

保育士はWordを使ったり、電話対応をしたりするので、ある程度の事務作業はできる方がほとんど。

 

そのため、保育士からの転職でも受かりやすいのが大きな特徴です。
ほとんどの会社が26歳以下の未経験者』を採用していますよ。

 

医療・営業事務は人をサポートする仕事。

「前に出るよりは裏方が良い」という方には特に人気でした!

 

  • 医療・営業事務のメリット
  • 保育士からの転職でも受かりやすい
  • 異業種デビューに人気
  • 前に出ず、人をサポートする仕事

 

2位:WEBデザイナー

 

主に企業から依頼を受けて、ホームページを作る仕事です。

専門職ですが「未経験OK」の求人が多く、最初の3〜6ヶ月間は研修のある会社が大半でした。

 

「1年後には在宅で働きたい」を実現できる仕事なので、挑戦する価値は大きいと思います!

 

いとちん

ぼくの妻は介護を辞め、未経験からWEBデザイナーになりました。

半年ほど勉強し、今では在宅ワークで働いています。

  • WEBデザイナーのメリット
  • 研修が平均6ヶ月と長め
  • 1年後には在宅で働ける
  • 将来はフリーランスも目指せる

IT系に興味のある方は「保育士から異業種への面接で使える転職理由【例文つき】」で転職する方法を解説しています。

 

<<未経験OKの求人を詳しく見てみる

 

3位:広報担当(人事)

 

面接や会社の説明会を担当します。

保育士のコミュニケーション力を活かして、面接官になる方も多いようです。

 

また、女性に人気の職業なだけあり『育休や産休の取得率が高い』のもメリット。

 

よく求人で見かけるのは「SNSを使った広報担当」なので、日頃からインスタを使ってる方は馴染みやすいと思います。

 

  • 広報・人事担当で働くメリット
  • 育休や産休を取りやすい
  • SNSの経験が生きる

4位:秘書

 

保育士で身につけた『気配りや心づかい』を活かせる秘書。

 

主な業務は「社員のスケジュール調整」や「名刺の作成」などのサポートです。

 

スタッフからすれば、「秘書はいないと困る存在」なので、お世話好きの保育士にはピッタリの職業でしょう。

 

なお、秘書の求人は「非公開」の企業もあるため、転職サイトで求人を教えてもらうのが良いみたいですよ!

 

  • 秘書で働くメリット
  • 気配りや心づかいが評価される
  • スタッフに必要とされる

 

<<秘書の求人をマイナビで見てみる

 

5位:コスメ業界(商品管理)

 

いわゆる「バックオフィス業務」です。

商品の在庫を管理し、足りなくなったら発注します。

 

人気の理由は「髪型・ネイル自由」の求人がめっちゃ多いこと。

 

保育士時代はネイルをしても「短期間で剥がす」のが当たり前ですが、バックオフィスなら永遠にOKです。

 

そもそもオシャレな商品を扱うので、自分を磨きたい人にも人気でした!

 

  • コスメ業界で働くメリット
  • ネイル・髪型自由
  • トレンドをいち早く知れる
  • 自分を磨いて可愛くなる

 

『保育士13人に聞いた』受かりやすい転職先ベスト7!

保育士 受かりやすい業界

 

保育士が受かりやすい転職先をランキングにしました。

 

  • 1位:企業の保育園
  • 2位:民間の療育施設
  • 3位:ベビーシッター
  • 4位:医療・営業事務
  • 5位:秘書
  • 6位:コスメ業界
  • 7位:WEBデザイナー

 

結論、保育業界ならどこでも受かりやすいです。笑

 

『転職が心配な方』は滑り止めで保育業界の内定をもらい、その後に異業種への転職を考えるのもいいかと。

 

転職に失敗してニートになった体験談

 

保育士は鬼のように忙しいため、転職に失敗する方も多いです。

 

事実、ぼくの友人だけで3人もニートを経験しています(笑)

 

  • 転職に失敗する人の共通点は、次の3つ

 

  • 転職に3〜6ヶ月かかることを知らなかった
  • 求人票を見ただけで2時間たっていた
  • 転職の具体的な時期を決めていなかった

 

ぼくも転職に失敗してニートになりましたが、この3つが欠けていました。

ぶっちゃけ、保育士をしながら転職活動もするのはかなりきつかったです…。

 

成功の秘訣?エージェントを使い倒そう

 

保育士をしながら転職したい方は、転職エージェントを使い倒しましょう。

なぜなら、面接の日程調整から履歴書の編集まで全部やってくれるから。

 

実際、保育士から転職に成功した人は120%エージェントを使い倒していました。

 

  • エージェントのメリット
  • 面接日程を調整してくれる
  • 自分にあった求人を教えてくれる
  • LINEで気軽にやりとりできる

 

特に人気だった転職エージェントを知りたい方は、『保育士から転職したぼくがオススメする”無料”転職エージェントは3つだけ』をどうぞ

 

保育園か異業種かまだ決められない』という方は、マイナビ保育士がいいですよ。両方の求人を無料で教えてくれます。

  • 関東にお住まいの方限定サービス

 

<<マイナビ保育士公式サイトを見てみる

 

保育士の転職先ランキングまとめ

保育士転職のチェックリスト

この記事に書いてある転職先なら、保育士のキャリアを活かしつつ、安定して働くことができますよ。 

 

なぜなら、『実際に保育士が転職して満足してる転職先』だから!

 

ぼくは保育士の「共感力」を活かして、お客さんの悩みを解決する営業職に転職しましたが、大当たりでした!

 

異業種への転職は年齢が勝負なので、「普通の会社」が気になっている方は、保育士から異業種に転職する方法をご覧ください!

 

キャリアチェンジは『まだいいや』という方へ!

心配な保育士

保育士をずっとは続けられないけど、今は転職できない…。

そんな方には「いつでも転職できる準備」としての副業がおすすめです。

副業といっても、バレる可能性はほぼゼロなので安心してくださいね(笑)

詳しい理由は「保育士が副業すべき理由3つ!バレない副業も7つ紹介!」の記事をどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

新卒で大手企業の保育士→3年目でリーダーになり給料が3,000円しか上がらないことに絶望→副業でWEBライターを初める→月収6ケタ達成→保育士をやめる→現在は散歩ついでにネット回線の営業をしています。

保育士のセカンドキャリアを全力で応援。

コメント

コメントする

目次
閉じる