【異業種は天国】保育士に飽きた3つの理由【僕は辞めました】

読者の悩み
  • 保育士に飽きたな
  • 他にやりたい仕事もないけど
  • 充実した人生にしたい
一般企業…

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば、保育士を辞めた後の仕事が見つかりますよ。

なぜなら、転職を2回した僕が「やりたい仕事の見つけ方」を紹介するから!

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いている僕は、転職を2回しています。

  • 1回目:保育士→副業OK保育園
  • 2回目:保育士→一般企業

現在はフリーランスになりつつ、在宅でまったりと働いています。

フリーランスの収入

フリーランス保育士の収入

現在はいとちんブログの収入で生活しており、ストレスのない働き方を実現しました。

記事の前半では「保育士に飽きた3つの理由」、後半では「保育士におすすめの転職先3つ」を紹介していきます。

記事を読み終える頃には、ゆるふわな職場を見つけられますよ!

※すぐに転職先を知りたい方は保育士におすすめの転職先3つ」から見てくださいね!

目次

保育士に飽きた3つの理由

以下のとおりです。

  • やることが変わらない
  • 人間関係がめんどくさい
  • 一般企業では評価されない

順番に紹介していきます。

やることが変わらない

1番の原因がこれ。

保育園は「毎日ルーティン作業」なので、ぶっちゃけ退屈ですよね。

  • 保育士の1日
時間活動
9:30朝の会
10:00お散歩
鬼ごっこ
縄跳び
ブランコ
大縄
11:30帰園
12:00 昼食
13:00午睡
15:00起床
15:30おやつ
16:00自由遊び
<体育館>
跳び箱
マット
ドッチボール
<室内>
折り紙
ねんど
積み木
17:00順次降園
保育園の1日

表のとおりで「午前中は散歩」に行き、午後は自由遊びです。

よく「子どもの成長を見られるじゃん!」と言われますが、、時間をかければみんな成長しますからね。

仕事に飽きてる保育士は、意外と多いと思います。

人間関係がめんどくさい

保育園は女社会なので、人間関係がめんどくさいです。

たとえば「やりたい保育が違う」と完全に地獄でして、、1人が好きな保育士も多いはず。

実際に保育士2年目の40.4%が、人間関係を理由に退職してるデータもあります。

保育士2年目の退職理由
職場の人間関係
(40.4%)
心身の不調
(33.9%)
自分の仕事に自信がなくなった
(27.5%)
継続できない職場の雰囲気があった
(25.1%)
出典:若手保育者の離職防止に向けて

表のとおり。

この記事を書いている僕も、人間関係に悩んで保育士を辞めました。

苦手な人と一緒に働くのは、、正直かなりシンドカッタです。

※そもそも週5日も働くのに、ストレスを抱えるのは絶望しかありませんからね。

いとちん

一般企業ならドロドロの人間関係はありません。

一般企業では評価されない

どんなに保育士を続けても、保育業界でしか評価されません。

  • 一般企業に転職できる保育士の条件
  • 20代→若さを武器にして転職可能
  • 30代→保育以外のスキルが必要
  • 40代→ほぼ無理

ざっくりですが、上記のとおり。

※ちょっと厳しいですが「保育士10年目の30代」とか、一般企業は求めていません。

30代より「若くてフレッシュな20代」が、優先的に採用されますね。

  • 参考:第二新卒(28歳以下)の採用率
第二新卒の採用
出典:マイナビ652社に調査

20代の方は、保育士を辞める最後のチャンスです。

保育士をずっと続けても、キャリアの自由がなくなるだけですよ。

  • 保育士におすすめの一般転職サイト
  • キャリアスタート|大手のデスクワークが充実。僕が使ったときは「楽天グループ」の求人が届きました。
  • リクルート就職Shop|20〜29歳限定。資格なしで「事務職」になれる。研修も1〜2ヶ月あります。
  • マイナビジョブ20’s|24〜29歳限定。関東・地方都市の求人が豊富。7時間労働の会社もありました。

現実を変えるには、実際に行動するしかありません。

  • 転職には平均3〜6ヶ月かかります

保育士をキレイさっぱり辞めて、ゆるふわな職場を見つけてくださいね。

保育士から異業種に転職した体験談

ズバリ「がんばらない働き方」を実現できました。

  • 異業種の働き方
  • 新しい働き方を体験できる
  • 仕事に応じて給料が上がる
  • いつでもトイレに行ける

順番に紹介していきます。

新しい働き方を体験できる

保育士は、週5日「絶対に出勤」しますよね。

しかし一般企業なら、在宅ワークを混ぜてもOKです!

  • 実際の働き方
  • 月・金→オフィスに出勤
  • 火・水・木→在宅ワーク

ぼくは「通信業界」に転職しましたが、上記の働き方でした。

※台風の日は「絶対に在宅」でして、出勤は原則禁止です。

保育士と比べると、圧倒的な自由を感じましたね。

成果に応じて給料が上がる

  • 異業種の給料を紹介します
みんなの銀行 貯金

画像のとおりで、手取り23万9千円です。

「残業代でしょ?」と思うかもしれませんが、1日7時間労働だったので残業はほぼゼロですね。

これは経験から断言しますが、、保育士の給料が低すぎるだけですよ。

  • 保育士と一般企業の平均年収を比較
  • 一般企業:433万円
  • 保育士:312万円

上記のとおり。

サラリーマンより給料が低いのに、保育士を続ける意味はないと思います。

いつでもトイレに行ける

保育士ならわかると思いますが、、トイレに行けないのはキツイですよね。

  • 一般企業の働き方
  1. いつでもトイレに行ける
  2. コンビニに行ってもOK
  3. 仕事中にスマホを見れる
  4. 好きなタイミングで休憩できる
  5. みんなお菓子を食べながら働いてる

上記のとおり。

「えっ……こんなに自由なの?」と思う気持ちもわかります。

とはいえ、一般企業は「全体的にゆるい」ですね。

※当たり前ですが、保育園と違って「アレルギーの配慮」もありませんので。

いとちん

コーヒーとお菓子をデスクに置いて働いてます。

保育士に飽きた人へ!おすすめの転職先3つを年齢別に紹介

結論は次のとおり。

  • 20代:一般企業
  • 30代:担任なし・行事少なめの保育園
  • 20代〜50代:WEBライター

順番に深掘りしていきます。

20代は迷わず一般企業

保育士から異業種に転職を成功させたぼくが教える!失敗しない転職先
  • こんな人におすすめ
  • 保育士に飽きた
  • もっと自由に働きたい
  • 人生で一回はOLをしたい

20代の保育士には、一般企業への転職をおすすめします。

なぜなら、保育士は資格があれば「いつでもできる」から。

※繰り返しですが、保育士を辞めるなら20代が最後のチャンスです。

  • 未経験OKで人気の仕事

おすすめの転職先は、以下の記事で10個紹介しています。

30代:担任なし・行事少なめの保育園

保育園に行事はいらない3つの理由
  • こんな人におすすめ
  • 子どもが好き
  • 今の職場と保育方針が合わない
  • 担任がないなら保育士を続けたい

ゆるく働きたい方には、担任なしの保育園をおすすめします。

「そんな保育園あるの?」と思う気持ちもわかりますが、、たくさんありますよ。

たとえば「院内保育園」なら、担任をする必要はありません。

  • 30代からのキャリアプラン
  1. ホワイトな職場に転職
  2. 副業でWEBライターを始める
  3. 副業の経験をアピールし、一般企業に転職

30代から一般企業に転職するなら、上記の流れがおすすめです。

実際に副業OKの保育園はたくさんありまして、詳しくは「【担任なし】保育士が知らないホワイト保育園ランキング10選」をご覧ください。

20代〜50代:保育系WEBライター

保育士がWEBライターで稼ぐ方法
  • こんな人におすすめ
  • 保育以外のスキルを身につけたい
  • 自由なフリーランスになりたい
  • 3年後には在宅で働きたい

保育以外のスキルを学ぶなら、WEBライターをおすすめします。

なぜなら、初期費用が0円で「文章力」が身につくから。

  • WEBライターの働き方
  • パソコン1台あればOK
  • 誰でも簡単に始められる
  • 保育士の経験を活かせる

実際にぼくは「保育系WEBライター」をしており、過去には楽天のメディアで記事を書いていました。

偏差値35からWEBライター独立した方法

簡単3ステップです。

  1. 副業OKの保育園に転職
  2. WEBライターをはじめる
  3. 副業で月5万稼ぎ、フリーランスになる

上記のとおりで、難しいことは一切していません。

※なお、WEBライターで稼ぐ方法は「無料公開」しています。

これからWEBライターを始める方は「14万稼いだ僕が教える!副業WEBライターの始め方」をご覧ください。

最初の3,000円を稼ぐ手順は、以下の記事でも解説しています。

保育士がやりたい仕事を見つける手順

結論は、保育以外の仕事をやってみるしかないです。

現在のぼくは「ブログを書いて生活」していますが、ブロガーを目指したわけではありません。

なんとなく軽い気持ちでブログを始めて、今に至ります。

保育士に飽きたらやめるべき

個人的には、保育士は3年も続ければ充分かなと思います。

「たった3年でなにがわかる」と言われそうですが、、とはいえ3年目も5年目もやることは変わりませんからね。

  • 保育士のキャリア
  • 保育士1年目:副担任
  • 2〜3年目:担任を任される
  • 3〜5年目:担任を任される

保育園によって違うと思いますが、、大体あってるはず。

飽きた仕事にしがみついても、ロボット人間になるだけですよ。

  • 今日が人生で1番若い日です

保育士に飽きたなら、いまこの瞬間から「セカンドキャリア」を考えましょう。

充実した人生を送る方法【変化のススメ】

充実した人生を送るには「変化」が重要だと思います。

たとえば僕の履歴書は「ズタボロ」でして、次のとおり。

  • 保育士を3年で退職
  • 別の保育園を1年で退職
  • 一般企業に転職→また1年で辞める
  • 現在はブログを書いて生活

完全に変化しすぎだと思いますが、、とはいえ毎日しあわせです。

フリーランスになってからは、満員電車に乗らなくなりました。

※控えめに言って「最高すぎ」でして、完全に仕事のストレスゼロですね。

とはいえ、転職が怖い気持ちもわかる

とはいえ、転職が怖い気持ちもわかります。

実際に転職を2回してる僕ですが、いまでも面接をしたら緊張しますね。

しかし、現実を変えるには動いてみるしかありません。

「いきなり転職は怖い」という方は、副業から始めればいいと思います。

  • 保育士におすすめの副業

副業がバレる可能性なんて、ほぼゼロですからね。

繰り返しですが、飽きた仕事はキレイさっぱり辞めましょう。

まとめ:保育士に飽きたら辞めるべき

保育士から異業種

この記事で紹介した「保育士におすすめの転職先3つ」を参考にすれば、新しい働き方を実現できますよ!

  • 保育士におすすめの転職先
  • 転職には平均3〜6ヶ月かかります

飽きた仕事を続けても、人生はちっとも良くなりません。

変化を楽しみつつ、がんばらない働き方を実現しましょう!

※20代の方は「保育士から異業種に転職を成功させたぼくが教える!失敗しない転職先」をご覧ください。

30代以上で保育士を辞めたい方は、保育以外のスキルを副業で学んでくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次