保育士の大変なことランキング12選【2回やめた結論】

保育士の大変なことランキング12選【2回やめた結論】
読者の悩み
  • 保育士大変すぎない?
  • 給料も増えなくてキツイ
  • 周りの人はどうしてるの
つらい

こんなお悩みを解決する記事を書きました

この記事を読めば、保育士を辞めた方が良い理由がわかりますよ。

なぜなら、保育士の転職を2回した僕が「保育業界の現実」を紹介するから!

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いている僕は、転職を2回しています。

  • 1回目:保育園→保育園
  • 2回目:保育園→異業種

記事の前半では「大変なこと12選」、後半では「保育士を辞めた体験談」を紹介していきます。

記事を読み終える頃には、保育業界の闇に気付けますよ。

保育士にアンケートを取り、人気の転職先を調査しました。

ぜひご覧くださいm(_ _)m

目次

保育士の大変なことランキング12選【2回転職した結論】

結論は、以下の表をご覧ください。

保育士の配置基準日本アメリカ
0歳児子ども3・大人1子ども3~4・大人1
1歳児子ども6・大人1子ども3~4・大人1
2歳児子ども6・大人1子ども5・大人1
3歳児子ども20・大人1子ども7・大人1
4歳児子ども30・大人1子ども8・大人1
5歳児子ども30・大人1子ども9・大人1
6歳児子ども30・大人1子ども9・大人1
※アメリカの配置基準は、繰り上げで紹介しています

表のとおりで、日本の配置基準は極悪です。

実際に3歳児を1人で20人見た経験がありますけど、、絶望しかありません。それでも怪我をしたら、保育士の責任ですからね。

保育士をずっと続けられる人は「スーパーマン」だと思います。

※下記より、大変だったことをランキングで紹介します。

1位:人間関係がキツすぎる

人間関係に悩まない保育士はいません。

  • 以下の画像の「左」をご覧ください
厚労省 保育士退職理由
出典:令和2年 保育士の現状と主な取組

上記のとおりで、人間関係に悩んで辞めていく保育士は33.5%です。

ぼくのいた園ではベテランの保育士がグループを作ってまして、よく陰口を言っていました。

  • よくある保育園の会話
  • OOさん、仕事できないわ
  • 言っても治らない
  • 1人の方がラク

園に寄るかもですが、どの保育園にも1人はいるはず。

ベテラン保育士に嫌われたら、出勤するのがキツくなります。

2位:給料が少ない

保育士の給料は、日本の平均年収より40万円も少ないです。

  • 赤字に注目してください
年齢1ヶ月の給料平均年収
20~24歳214,3003,052,600
25~29歳236,6003,563,900
30~34歳247,8003,722,400
35~39歳256,5003,855,600
40~44歳259,3003,934,400
45~49歳260,8003,962,900
日本の平均約320,0004,330,000
出典:令和2年賃金構造基本統計調査

10年働いても、給料は1万1,200円しか増えません。

ちょっと言葉はわるいかもですが、給料だけ見たら完全に奴隷です。

子どもが好きで働く人が多いとはいえ、、生活は決して豊かになりませんね……。

3位:持ち帰り仕事が当たり前

保育業界の伝統です。

持ち帰り仕事を知らない保育士は、、おそらくいないと思います。

よくある持ち帰り仕事

  • 週案・月案
  • 個のめやす
  • 制作の試作
  • ツイートを紹介

実際に転職の面接でも、園長から「持ち帰り仕事はあるからね」と言われたります。

一般企業では非常識ですよね。

しかし、保育業界では持ち帰り仕事が常識です。

4位:体力がもたない

保育士は、無限に体力を使います。

  • 3歳児の日常
  1. 散歩に行く
  2. 鬼ごっこをする→転ぶ
  3. 怪我の手当てをする
  4. 帰りたくない子を説得する
  5. ケンカを止める
  6. 食事を見る
  7. 寝かしつけをする

上記のタスクが、子どもの人数分あります。

繰り返しですが、3歳児の配置基準は「子ども15人・保育士1人」です。

パワフルな3歳児を15人も寝かしつける絶望は、保育士にしかわかりません😭

5位:有給が取れない

保育園は、有給が取りづらいです。

なぜなら人件費の削減で、人が足りてないから。

実際にあったことですが、退職の1ヶ月前に「有給が取れない」こともありました。

  • 有給を泣き寝入りする人も多いはず

有給は権利なのに、取れないのはおかしいですよね。

スタッフというより、やっぱり奴隷だと思います。

いとちん

いまだに昭和の働き方です。

保育士が大変だったことランキング6位〜12位

記事が長くなるので、6位以降はピックアップして紹介します。

  • 以下のとおりです
  • 6位:モンスターペアレント
  • 7位:子どもの命を守る責任
  • 8位:名前を覚えるのが大変
  • 9位:なぜ、保育士が掃除するのか
  • 10位:怪我は保育士の責任
  • 11位:誰でもできる仕事と思われてる
  • 12位:早番がキツイ

ピックアップして紹介していきます。

保育園のモンスターペアレント問題

モンスターペアレントの相手は、メンタルがすり減ります。

  • 実際にいた1歳児の保護者
  • 絆創膏はNG→病院に連れてって
  • 噛みつきで激怒→対策説明会をしてほしい
  • 担任が男→着替えは女性にやってほしい

上記のとおりで、超めんどくさいですね。

  • なお、園長は助けてくれません

たとえばチェーンの飲食店と一緒でして、お客さんに文句は言えませんよね。モンスターペアレントにも、ぺこぺこ頭を下げてました。

なぜ、保育士が掃除するのか

園内の掃除は、保育士がやります。

子どもを見つつ、保育室をピカピカにしないといけません。

  • 保育士のタスク
  1. 1日の予定を決める
  2. 1週間の予定を決める
  3. 1ヶ月の目標を決める
  4. おもちゃを消毒する
  5. トイレを掃除する
  6. 保育室を掃除する
  7. 洗濯物をまわす

なぜか「自分で全部やる」のが当たり前の業界で、正直しんどいです。

子どもの成長をサポートする仕事なのに、、雑用のタスクが多すぎますね。

大変すぎた保育士を辞めた体験談【幸せすぎます】

保育士を辞めた体験談

保育士を辞めたら、自分の時間を取り戻せました。

  • 保育士を辞めて変わったこと
  • 定時でかえれる
  • サービス残業がない
  • 休けいを1時間とれる
  • いつでもトイレに行ける
  • 手取り25〜30万にアップ
  • 一般企業の給料
みんなの銀行 貯金

控えめに言って、、オフィスワークは最高すぎです。

働き方に悩んでる保育士は、異業種への転職がおすすめですね。

※ホワイト保育園にも転職したのですが、命を守る責任の重さに絶えられませんでした。

保育士は苦労もあるけど、やりがいもある?

悩む保育士

でも、保育士はやりがいもあるよ!

そのとおりです。

しかし、一般企業にだって「やりがい」はあります。

  • 保育園はお金稼ぎじゃない
  • 奉仕の精神で働いてる
  • 利益は取らないから素敵!

という人もいるかもですが、、今後もずっと保育園で働きたいですか?

人生で一回くらい、一般企業を経験するのも良いと思います。

20代の保育士へ!

20代の方は、未経験OKの求人がめっちゃ豊富です。

これは実際に転職エージェントに言われたことです。20代なら、完全未経験でも転職できる会社がたくさんあります

30代を超えると「求人が一気に減る」ので、タイミングが重要ですよー!

たった3ヶ月で保育士から異業種に転職する方法

保育士から異業種

異業種の転職には、平均で3〜6ヶ月かかります。

  • 転職の流れ

上記のとおりで、シンプルです。

しかし「自分には無理だ」と思って、ほとんどの人が保育園に転職します。

  • 20代なら3ヶ月で内定をもらえるはず

「やりたいことがないよ」という方は「【発見】保育士を辞めた後の仕事は何がある?転職先の見つけ方3つ」をご覧ください。

良い求人は早い者勝ちなので、やりたいことを見つけつつ、実際に求人を見ていきましょう!

詳しい流れは、以下の記事で解説しています。

保育士の大変なことランキングまとめ

この記事で紹介した「保育士の大変なことランキング」を理解すれば、保育園をキレイさっぱり辞められますよ!

この記事の要約

  • 1位:人間関係がキツすぎる
  • 2位:給料が30万円も少ない
  • 3位:持ち帰り仕事が当たり前
  • 4位:体力を無限につかう
  • 5位:有給が取れない
  • 6位:モンスターペアレント
  • 7位:子どもの命を守る責任
  • 8位:名前を覚えるのが大変
  • 9位:掃除が大変すぎる
  • 10位:怪我は保育士の責任
  • 11位:誰でもできる仕事と思われてる
  • 12位:早番がキツイ

奴隷のように働くと、人生がつまらなくなります。

ゆるふわな異業種に転職しつつ、自分の時間を取り戻しましょう!

いとちん

自分を騙し、心をすり減らして働く時代じゃないです🙆‍♀️

保育士の大変なことランキング12選【2回やめた結論】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次