【例文あり】保育士から異業種の職務経歴書【無料でプレゼント】

悩む保育士

保育士から異業種に転職したいなぁ…

でも、職務経歴書とか書いたことないし、なにを書けばいいかわかんないよ。。。

見本とかあったら嬉しいな…

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば、「職務経歴書が書けない…」と悩むことはなくなり、異業種にサクッと転職できますよ。

なぜなら、ホワイト企業に転職したぼくが『実際に使った職務経歴書』を紹介するから。

この記事を書いた人

いとちんプロフィール3
Twitter

この記事を書いているぼくは、保育士から7時間労働のホワイト企業。

現在はブログとWEBライターの副業をしており、文章で生活費を稼いでいます。

>> 収入を見てみる

そんなぼくが、今回は『保育士の職務経歴書の書き方』を徹底的に解説していきます。

記事を読んでくれた方 ”限定” で、職務経歴書のテンプレートをプレゼントしているので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 更新(4月20日)

保育士から一般企業に転職する方法を一本の記事にまとめました。

保育士から転職をお考えの方は、ぜひご覧ください。

目次

職務経歴書を書く前に知っておくべきこと

保育士から異業種に転職するなら 『保育系の言い回しは禁止』です。

なぜなら、読みづらい職務経歴書になるから。

保育系のよくある言い回し

OOをできるようにする → ×

OOをやってみようとする →

保育では過程が重視されるため “断定しない文章” を使いますよね。

しかし、異業種では『言い切る文章』が基本です。

いとちん

保育系の言い回しをすると、書類選考で落ちやすいです。

記事の後半では『伝わる文章のコツ』も紹介していきますね!

職務経歴書は自分の強みを”アピール”する

職務経歴書は、自分の強みをアピールするために書きます。

入社したい企業が求めている人材と、自分の強みが合っていることを伝えましょう。

とはいえ、新卒には必要ない職務経歴書に『書くべき内容』なんてわからないですよね……。

次の見出しで、職務経歴書に書くべき内容をお伝えします!

職務経歴書に書くべきこと!保育士に必須のポイントを紹介

職務経歴書は、以下の画像のように書きます

職務経歴書の型
  • 必ず記載すべき点は5つ
  • 職歴要約…職務経歴書の最初に書く。今までやってきたことのまとめ

  • 勤務先…配属先(園児数など)の情報も書く

  • 職務内容…応募先の企業で活かせそうな順で書く

  • PCスキル…保育士ならでは。できることを書く

  • 自己PR…応募先の企業が欲しい人材と、自分がマッチすることを伝える

一般的にPCスキルを書くのはめずらしいですが、保育士の職務経歴書には書くようにしましょう。

なぜなら『保母さん』のイメージを持つ40代〜50代の面接官は、パソコンができないと思っているから。

  • 実際に転職で使った職務経歴書
職務経歴書の例

>>Googleドキュメントで見てみる(そのまま使ってもらってOKです)

※6つの中から、今回は特に重要な『最初の職歴要約』と『最後の自己PR』の書き方を解説します。

①:職歴要約の書き方

職歴要約には、転職先で活かせる経験をメインに書きましょう。

たとえば僕の場合は、通信業界の営業をねらっていたので『PDCAサイクル』と『保護者から悩みを引き出す』ことをアピールしています。

  • 実際の写真
    ※タッチすると拡大できます。

営業で求められるのは『目標達成への意識』と『コミュニケーション能力』なので、上記のような職歴要約を作成しました。

いとちん

求人をたくさんみて、保育との共通点を探していきましょう!

転職先で活かせる経験をアピールすると、書類選考で落ちずらくなりますよ。

転職先との共通点の見つけ方

自分が ”転職先の企業で働いている姿” を想像すると、保育士との共通点が見えてきます。

想像してください
  • お客さんと話している姿

  • パソコンを使っている姿

  • 会社の人と会話している姿

保育士の強み

  • 責任感がめっちゃ強い
  • スケジュール通りに仕事を進められる
  • PCスキルも実はある
  • チームで協力して作業できる
  • 忍耐力がある
  • 書類の作成に慣れている
  • 保護者対応でマナーを身につけてる

たとえば「事務職」なら、締め切りから逆算して動けることをアピールしましょう。

>> 実際に例文を見てみる

保育は人と関わり、計画を立て、書類(文章)に落とし込む仕事です。

異業種でも活かせる共通点は必ず見つかりますよー!

②:自己PRの書き方

自己PRは『応募先の企業が欲しい人材』と、自分の強みがマッチすることを伝えます。

そのため、必ず最初に結論を持ってきましょう。

  • 実際の写真
自己PRの例

一文目は次の文章を読んでもらうためにあります。

ぼくの職務経歴書を見たときに『提案力・行動力』がほしい会社は、最後まで文章を読んでくれるでしょう。

なぜなら『なんで行動力があるの?』『ほんとに新しいことを提案できるの?』と気になるからです。

自己PRのポイント

  • 結論を最初に持ってくる
  • 会社が求めているスキルを調べる
  • 自分の強み×会社のほしいスキルが同じことを伝える

伝わる自己PRの型を紹介

面接官に伝わる自己PRの型を紹介します。

以下の5つの構成です。

  1. :結論
  2. :理由(または状況)
  3. :具体的なエピソード
  4. :行動した結果
  5. :振り返ってみてどう思うか

以上の内容を書くと、面接官に伝わる自己PRが書けます。

もちろん、僕も自己PRで型を使っています。

自己PRの書き方

※『結論→理由→具体例』の型は志望動機でも使えます。自己PRでは行動した結果、なにを学んだか。まで書くと、説得力が上がります。

自己PRについては書き方がたくさんあるので、もっと詳しく知りたい方は『【保育士ライターが実践】異業種に転職する志望動機と自己PRの例文』をご覧ください。

職務経歴書を書く際の注意点3つ

転職に失敗

職務経歴書は『文章力』も見られています。

誰が読んでも伝わるように、具体的にわかりやすく書きましょう。

しかし、保育系の言い回しは独特だから文章が苦手…という保育士の方も多いですよね。

次は職務経歴書を書く際の注意点3つを紹介します!

いとちん

これから紹介する3つのことを意識すれば、『誰でも面接官に刺さる文章』が書けますよ!

職務経歴書を書く際の注意点3つ
  • 簡潔に読みやすく書く

  • 数字を使って表現する

  • 面接でのツッコミどころを残す

簡潔に読みやすく書く

冒頭の画像でもお伝えしましたが、職務経歴書は『文章力』を見られています。

そのため、文章の基本を確認しておきましょう!

職務経歴書を読みやすくするポイントは、次の通り。

  • 同じ語尾の連続は2回まで

  • 指示語『これは〜』を避ける

  • 1文は60文字まで

同じ語尾『〜です。〜でした。』の連続は2回までにしましょう。

なぜなら、3回以上おなじ語尾が続くと、小学生の作文みたいな文章になるから。

いとちん

実際にぼくの職務経歴書も
『おなじ語尾は2回まで』になっているので、参考にしてくださいね。

数字を使って表現する

保育士は難しいかもしれませんが、できるだけ数字を使って表現しましょう。

なぜなら、数字を使うと面接官が状況を想像しやすくなるからです。

  • 保護者から満足度が高かった
  • 80人中90%の保護者が満足と回答

数字を使うことで具体的になり、面接官も理解しやすいです。

保育士でも必ず一箇所は数字を使いましょう。

いとちん

年度末のクラス評価アンケートでもいいし、保育園全体のアンケート結果を書くのがおすすめですよー!

面接でのツッコミどころを残す

職務経歴書にはツッコミどころを残しましょう。

というのも、面接官が『この人に会ってみたいなぁ…』と思うから。

ぼくの場合は職歴要約に『子育ての悩みを引き出す』と書いたので『それって具体的にどういうこと?』というツッコミどころを残しています。

職務経歴書

面接でのツッコミどころを残すと、書類選考を突破しやすいですよ!

読みやすい職務経歴書まとめ

ここまでのポイントをまとめます。

  • 簡潔に読みやすく書く

  • 数字を使って表現する

  • 面接でのツッコミどころを残す

上記3つの書き方を意識すると、面接官が “会いたい”と感じる職務経歴書が作れます。

それでも、文章は苦手だし…』と悩む保育士の方も多いですよね。

いとちん

僕も最初は書けなかったので、『転職エージェント』から職務経歴書のテンプレートをもらいました。

最初はひどいクオリティでしたが…

エージェントが添削してくれたおかげで、現在はホワイト企業で働いています。

文章を書くのに自信がない方は、転職エージェントを活用するといいですよ!

書類の添削サポートを実際に使ってみた感想も紹介しますね。

職務経歴書の添削サポートを使ってみた感想

保育士から異業種

保育士から異業種に転職したい方は、必ず使いましょう。

なぜなら、転職したい企業に最適化した書類にしてくれるから!

添削サポートを使わないと、自分で企業が求める人材を調べる必要があります。

※保育士をしながら行きたい会社の課題を調べて、自分の強みに当てはめて、書類を書き直して、、、ジゴクデス

添削サポートを使えば、書類で落ちることが大幅に減り、サクッと異業種に転職できますよ!

いとちん

このブログ記事で紹介した職務経歴書も、添削サポートを受けて作成しました!

おかげで7時間労働のホワイト企業に転職でき、満足です。

なお、添削サポート付きの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

添削サポートを受ける際の注意点

添削サポートを受ける前に、自己分析はしっかりと行いましょう。

理由としては、自分の強みを明確にしておかないと『薄っぺらい職務経歴書』になってしまうからです。

事前に自分の強みを理解することは、転職の準備体操みたいなもの。

保育士の経験を活かした強みを見つけましょう!

なお、強みの見つけ方は「【業種別】保育士から一般企業の履歴書に書くべき強みと長所18個!」の記事で紹介しています。

添削サポートを使わないで転職する方法

『自分の文章を見せるのは恥ずかしいな…』と思う方も多いですよね。

でも、添削サポートは1日に何十人と依頼が来るため、気にする必要はありませんよ!

添削サポートを使わない場合は、以下の方法で企業の悩みをリサーチできます。

  • 企業+社長名でインタビュー記事を検索

  • 株主向けのIR資料を読み込む

企業の悩みを見つけるのは転職のスタートラインです。

リサーチの質で、他の転職希望者と差をつけることができますよ!

保育士から異業種への職務経歴書!失敗しないポイント

この記事で紹介した職務経歴書の書き方を実践すれば、あなたも保育士をキレイサッパリやめられますよ!

職務経歴書の型
  • ポイントをおさらい
  • 職歴要約→転職先で活かせる経験をメインに書く

  • 自己PR→応募先の企業が欲しい人材と、自分の強みがマッチングすることを証明

文章を書く際の注意点3つ

簡潔に読みやすく書く
→ 同じ語尾の連続は2回まで
数字を使って表現する
→1箇所は必ず数字で表現する 
面接でのツッコミどころを残す
→面接官が ”気になる” 部分を作る

文章が苦手だよ。ぜんぜん書けない…』という人は、転職エージェントからテンプレートをもらうといいです。

  • 保育士におすすめの転職サイト

上記から2つのエージェントに登録しておけば、転職の悩みは一切なくなりますよ!

>> 保育士から異業種に強い転職サイトのレビューを確認してみる

なお、人気の転職先は以下の記事で紹介しているので、合わせて見てくださいね!

保育士の職務経歴書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる