【挫折】怒られてばかりの保育士へ【僕は引きこもりになりました】

読者の悩み
  • 保育士に向いてなかった
  • 出勤するのつらすぎる
  • 人間関係も最悪だよ
もう限界

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば、がんばらない働き方を実現できますよ。

なぜなら、保育士からフリーランスになった僕が「在宅でまったり働く方法」を紹介するから!

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いている僕は、転職を2回しています。

現在はフリーランスになりつつ、在宅でまったりと働いています。

フリーランスの収入

フリーランス保育士の収入
いとちんブログ(当ブログ)

引きこもりながら働いてる僕が、記事を書いていきますね。

記事の前半では「保育士を辞めて良い理由」、後半では「自由に働く方法」を紹介していきます。

記事を読み終える頃には、苦手な先輩から解放されますよ。

目次

怒られてばかりの保育士へ→結論、挫折してOK

結論からお伝えすると、つらい仕事は辞めてOKです。

理由は次のとおり。

  • 保育士だけが仕事じゃない
  • ゆるく働く方法はたくさんある
  • 年度途中で辞めるのは当たり前
  • 環境を変えれば自分も変わる

順番に紹介していきます。

保育士だけが仕事じゃない

保育士だけが仕事じゃないです。

ちょっと具体例を出してみます。

ざっくりですが、上記のとおり。

世の中に仕事はたくさんあるので、辞めても問題ありません。

※そもそも、自分に嘘をついて「心をすり減らしながら働く」のは完全にNGですからね。

健康が1番です。

ゆるく働く方法はたくさんある

ゆるく働く方法はたくさんあります。

たとえば、正社員を辞めて「ゆるふわバイト」で過ごしても、ご飯は食べていけますよ。

実際にぼくは「保育士からフリーター」になりましたけど、、正直しあわせでした。

もしかしたら、親に「社会人なら正社員になれ」と言われるかもしれません。

しかし、令和は40歳でリストラされる時代です。

  • ツイートを紹介

大企業でも経営が不安定な世の中です。

こういった社会では「収入より心の安定」を重視すべき。

※どんなに会社に尽くしても、リストラされたら終わりですので。

年度途中で辞めるのは当たり前

とはいえ「保育士は年度途中で辞められない」と悩む方もいるはず。

ただ、、ぶっちゃけ辞める時期とか関係ないですよ。

  • 年度途中で退職する手順
  • 担任の引き継ぎ
  • 書類の引き継ぎ
  • 気になる子の様子

上記の内容を紙に書いたり、口頭で説明すれば問題ありません。

実際に「年度途中で保育士を辞めた人」にインタビューしましたが、現在は楽しそうにベビーシッターをしていました。

朝起きて「絶望する毎日」を続けても、、人生を棒に振ってしまいますよ。

いとちん

心の安定を1番に考えるべき!

環境を変えれば自分も変わる

すべての結論がこれなのですが、働く環境を変えれば自分も変わります。

実際にぼくはブラック保育園から「副業OKの保育園」に転職し、WEBライターを始めました。

  • 副業OK保育園にいた人
  • 週末ベビーシッター
  • 保育系WEBライター
  • ハンドメイド販売

こういった環境で働くと「副業するのが当たり前」になります。

偏差値35の僕がフリーランスになれたのは、間違いなく副業OK保育園に転職したからですね。

  • 転職の参考書籍

絶望する毎日から抜け出したい方には、上の本がおすすめ。

とはいえ、買いに行くのはめんどくさいですよね。

下記の記事で「転職に失敗しない方法」を紹介しています。

補足:人間関係は改善できない

悩む保育士

職場の人間関係を改善できたら良いな。

と思ったことは、、保育士なら一度はあるはず。

  • 悲報:人間関係の改善は不可能

わたしは残念ながら、40歳近くになってやっと気づいた。

人間はたとえ自分がどんなにまちがっていても、

決して自分が悪いとは思いたがらないことを。

デールカーネギー:人を動かす

芸能人のローランドがおすすめする本「人を動かす」から引用しました。

※先輩から「仕事ができないレッテル」を貼られたら、逃げるのが1番です。

「努力を認めてもらえない環境」で働いても、、むなしいだけ出すからね。

いとちん

いまの環境でがんばっても、努力が水の泡になるだけですよ。

怒られてばかりの保育士が危険な理由

怒られてばかりだと、安定した生活ができなくなります。

具体的には、以下のとおり。

  • 自己肯定感が下がる
  • 人と話すのが怖くなる
  • 大切な人(家族・友人)が傷つく

順番に紹介していきます。

自己肯定感が下がる

自己肯定感が下がると、人間は「無気力」になります。

  • 自己肯定感が低い保育士の特徴
  • 同僚と比較して病む
  • 失敗が異常に怖くなる
  • 休みの日も元気が出ない

昔のぼくは「先輩から怒られる日々」を過ごし、転職するのが異常に怖くなりました。

「どうせ自分には無理」「いまの職場でしか働けない」と思い込み、休みの日は寝るだけです。

※メンタルを病むと「求人すら見れなくなる」ので、、注意してください。

人と話すのが怖くなる

怒られてばかりだと、人と話すのが怖くなりませんか?

職場に「同じ空間にいるだけで怖い」と思う人がいるなら、、残念ながら転職するしかありません。

実際に保育士2年目の40.4%は、人間関係を理由に退職しています。

保育士2年目の退職理由
職場の人間関係
(40.4%)
心身の不調
(33.9%)
自分の仕事に自信がなくなった
(27.5%)
継続できない職場の雰囲気があった
(25.1%)
出典:若手保育者の離職防止に向けて

表のとおり。

3人に1人は「心身の不調が原因」で退職していますね。

悩みながら働いても、人間不審になるだけです。

いとちん

合わない職場は、キレイさっぱり辞めましょう。

大切な人(家族・友人)が傷つく

医療・福祉の現場では「うつ病」が深刻な問題になっています。

  • 2022年のニュースを紹介

うつ病労災認定が過去最多 医療・福祉の現場で深刻。

  • 簡単に要約します

うつ病・精神的な病気と診断された人は629人。

→そのうち79人は自殺。

※福祉の現場で「うつ病」が多い理由は、テレワークがなくコロナ対応で働き過ぎだから。


ざっくりですが、上記のとおりです。

「自分は大丈夫」と思うかもしれませんが、、、心がポキッと折れてから気づいても手遅れです。

大切な人を悲しませないために「次の職場」を探してくださいね。

誰にも怒られず、自由に働く3つの手順

次のとおりです。

  • 転職する
  • 副業を始める
  • 転職先を辞める

「えっ……転職先を辞める?」と思う気持ちもわかります。

とはいえ「実体験」なので、2分だけお付き合いくださいm(_ _)m

①転職する

まずは転職です。

なぜなら、副業OKで「ゆるく働ける職場」があるから。

  • 副業OKの保育園を紹介
副業OKのカオスマップ
いとちんブログ(当ブログ)

71の会社・法人が副業を解禁しています。

「どうせブラックでしょ」と思うかもしれませんが、正直かなりホワイトな保育園もありますね。

※たとえば「ポピンズの保育園」は副業OKで、手書きの書類はありません。

残業はほとんどなく、書類は持ち帰れない仕組みになっていました。

いとちん

オンライン園見学をした体験談は、以下の記事で紹介しています。

②副業を始める

副業OKの保育園に転職したら、保育系WEBライターを始めましょう。

理由はシンプルに、引きこもりながら自由に働けるから。

  • 保育士がWEBライターに向いてる理由
  • 文章を書くのに慣れてる
  • 子どもの発達を理解してる
  • 幼児教育の専門家として記事を書ける

ざっくりですが、上記のとおり。

「IT系は苦手だよ……」と思うかもしれませんが、安心してください。

この記事を書いている僕も、ITオンチの元保育士でした。

偏差値35からWEBライター独立した方法は、以下の記事で紹介しています。

③転職先を辞める

WEBライターで「月1〜5万円」ほど稼いだら、転職先を辞めてOKです。

自由に働けるフリーランスになれますよ!

  • WEBライターで月1万円稼ぐ作業量
作業量給料
1文字1円×2千字 5記事で1万円
1文字1.5円×2千字 3.5記事で1万円
1文字2円×3千字3記事で1万円

正直にいうと、簡単に稼げる仕事ではありません。

でも、1年くらいやれば慣れてきますからね。

人生は100年と長いので、在宅で働く力をつけましょう。

いとちん

嫌いな先輩とは、きれいサッパリお別れです!

※ライターと合わせて「副業ブログ」もおすすめです。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

仕事はキツくてつらいもの?いいえ、楽しむものです

【体験談】保育士転職エージェントおすすめランキング
おすすめの転職サイト

この記事で紹介した「自由に働く方法」を実践すれば、がんばらない働き方を実現できますよ!

  • この記事の要約
  • 仕事を辞めても良い4つの理由
    • 仕事は無限にある
    • ゆるく働くのは悪くない
    • 年度途中で辞めても良い
    • 環境を変えれば自分も変わる
  • 怒られてばかりだと危険な3つの理由
    • 自己肯定感が下がる
    • 人と話すのが怖くなる
    • 大切な人(家族・友人)が傷つく
  • 誰にも怒られず自由に働く3つの方法
    • 転職する
    • 副業を始める
    • 転職先を辞める

この記事を最後まで読んでも、実際に転職する人は「100人に1人」くらいです。

「自分にはどうせ無理」と思う気持ちもわかりますが、、、人生を変えるには動いてみるしかありません。

今すぐ求人を見て、ゆるく働ける転職先を見つけてくださいね!

いとちん

退職理由は、内定をもらってから考えればOKです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次