【保護者向け】怒る先生のデメリット?保育士が優しい理由3つも紹介

悩む保育士

・保育園の先生が優しすぎる。
・わがままな子にならないの?
・本当はしつけもしてほしい!

こういった疑問に答えます。

いとちん

元リーダー保育士のいとちんです。
これまで100人以上の子どもを卒園させてきました。

実は、保育園の先生が優しいのに、性格は関係ありません。

なぜなら保育士は子どもの専門家だから。
怒らないのには理由があります。

そこで、この記事では保育士が優しい理由3つと、怒ることの重大なデメリットを1つ紹介します。

記事を読み終える頃には、保育園の先生が子どもに優しくする理由がわかりますよ。

目次

まず、令和の子育ては怒るNG【自己肯定感】

子どもは怒られると自己肯定感が下がります。

自己肯定感が下がると・・・

  • 何に対してもやる気がなくなる
  • 自分の気持ちを言葉にしなくなる
  • ネガティブな思考になる

実際、怒られた子どもは
自分から動くことがなくなります。

いわゆる「指示待ち人間」です。

自己肯定感を下げないために、
保育士は子どものことを怒りません。

お母さん

わがままにならないの?
怒らないと言うこと聞かないよ?

お母さんなら思いますよね。
もちろん、保育士も「考えて」優しくしているので、ここを深掘りしていきましょう。

保育園の先生が優しい理由!ポイントは3つだけ。

  1. 怒らないで「しつけ」している
  2. 子どもの自己肯定感を一番に考えてる
  3. 怒ると自分も悲しいから

順番に解説していきます。

1:怒らなくて平気!ちゃんと「しつけ」しています。

保育士の仕事は、子どものことを怒らずに「しつけ」することです。
なぜなら、そのための勉強をして資格を取ったから。

考えるママ

そんなことできるの?
怒らないとイタズラするでしょ?

こう思う方もいるかもしれませんが、
プロなら怒りません

具体的には怒らないテクニックを使います。

保育士が悲しむ【感情に訴える】
問いかける【心配する】
当たり前を見直す【生活を変える】

保育士が悲しむ【感情に訴える】

子どもがイタズラをした時、
保育士は悲しむ仕草をします。

なぜなら、怒るより悲しむ方
子どもの心に響くから悲しみ方のポイント!

  • 悲しい気持ちを顔で表現する
  • 子どもの表情が変わるまで悲しむ
  • なんで悲しいと思う?と声かけする

一番のポイントは、
子どもが自分で「いけないことをした」と気づくこと。

ここを毎日コツコツ積み上げれば、
子どもは自分で考えて「ダメなこと」をやらなくなります。

大人が怒ってしまうと…

自分で考える暇がない
いけなかった理由に気づけない

重要なのは
子どもが理解できるまで待つこと。

待つ時間を作ることが、
お子さんが成長するコツですよ!

問いかける【心配する】

え?なんでそんなことしたの?

子育てをしてると思いますよね。

こんなとき、
怒らない保育士は

  • どうしたの?
  • 嫌なことあった?
  • 怒ってるんだね。

こんな風に声をかけます。

だってその子が心配だから。

実際に、4歳から塾に行った子が
荒れるのはよくある話です。

子どもなりに理由があるから、
怒らず、その理由を聞かせてもらう。

子どもの専門家だからできることですね。

当たり前を見直す【生活を変える】


子どもと遊ぶ時間、ありますか?
子どもがイタズラする理由は

  • お母さんの気を引きたい
  • やったらどうなるのか知りたい

大体どっちかです実際、保育園でも

  • 抱っこして欲しいから泣く子
  • かまって欲しくて友達を叩く子<

こんな子はめっちゃ多いです保育士ならこうする!

  • 遊ぶ時間を増やす
  • 1時間べったりくっつく
  • 好きな絵本を一緒にみる

この繰り返しで、
子どもの情緒は安定します。

怒るが当たり前にならないように、

保育士は「生活」の当たり前
一週間に一回見直していますよ。

2:子どもの自己肯定感を一番に考えてる!

子どもには「優しい大人」になってほしいですよね?
保育士も気持ちは一緒です。

「みんなに優しい人」になってほしいから、
まず保育士が、子どもに優しくするんです。

実際、僕が怒らなくなると、子どもたちも変わりました「怒る」をやめて変わったこと

  • 友達を叩く子がダントツで減った
  • 一つの遊びを1時間楽しむようになった


特に、遊びに集中する子がめっちゃ増えました。

ここは保育士のテクニックで「おもちゃ」を選んでいるので、
気になる方はこちら

3:怒らないための秘策?自分を大切に。

結論、怒ると自分の自己肯定感が下がります。

  • ついムカついた
  • 我慢できなかった
  • ガツンと言いたかった


こんな気持ちになりますよね。

ただ怒ったあとは

悩むお母さん

・傷ついたかな?
・言いすぎたかも

大人の自己肯定感も下がります。

ぶっちゃけ、怒っていいことなんて一個もないですよ。

どうしても怒っちゃった時は、
素直に子どもに謝りましょう。

最後に、怒ることの重大なデメリット1つ

怒られて育った子
怒る大人になります。

なぜならそれが「正解」だと思うから。

優しい大人になって欲しいなら
子どもに優しくする。

これだけのことです!

どうしても言うことを聞いてくれないなら、
家族会議をしてみましょう!

この子育て、天才です。
「子どもに謝る」も
この本から学びました。

本は嫌い!
読むのめんどくさい!

そんな方には無料で使える
Amazonのサービスがオススメ。

サクッと使えるのも嬉しいですね。

ポイントをおさらい!”怒る”を辞めたら変わること

  • 自分で考えて動けるようになる!
  • 思いやりの心をもった大人になる!
  • 一つの遊びを1時間楽しむようになる!

怒るを辞めたら、子どもの将来は輝きますよ。

だって優しくされた経験がありますから!

だから保育士は怒りません。

どうしても子どもが落ち着かないときは、
おもちゃを変えるのもいいですよ。

※今ならラッキー!1ヶ月無料?

いとちんblog
404: ページが見つかりませんでした | いとちんblog

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

新卒で大手企業の保育士→3年目でリーダーになり給料が3,000円しか上がらないことに絶望→副業でWEBライターを初める→月収6ケタ達成→保育士をやめる→現在は散歩ついでにネット回線の営業をしています。

保育士のセカンドキャリアを全力で応援。

コメント

コメントする

目次
閉じる