【カフェインで朝活】デロンギマグニフィカS メリット・デメリット

朝活したいけど起きられない。早起きの人はみんなコーヒーメーカーを使ってるから、デロンギが気になるな…。

 

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

 

いとちん

マグニフィカSを一年使ったいとちんです。
今では300日連続で朝活してます!

 

マグニフィカSを使えば、あなたも簡単に朝活することができますよ

 

なぜなら、「二度寝」が大好きなぼくでも300日朝活できたから。

 


そこで、この記事ではマグニフィカSを1年使ったぼくが『メリット3つ』と『デメリット3つを紹介していきます。

 

 

正直なデメリットもしっかりとお伝えするので、ぜひご覧ください!

 

 

目次

豆から挽けるのはデロンギだけ?

 

コーヒー豆

 

結論、マグニフィカSを買って大満足です!

一言でいえば、コンビニのコーヒーマシンがそのまま家にある感じ。

 

挽きたてのコーヒーを全自動で飲めるのは『デロンギだけ』なので、マグニフィカSが壊れてもまた買います。笑

 

いとちん

他のメーカーでも『全自動』はあるけど、コスパを考えたらデロンギが最強ですよ!

 

おそらく、みなさんが気になるのはメンテナンスの部分だと思いますので、早速見ていきましょう。

 

マグニフィカSのデメリットは3つ

 

これだけはマイナス!
  • 内部のメンテナンスが面倒。
  • 掃除機くらい音がうるさい。
  • 硬水は使えない

 

1:内部のメンテナンスが面倒 

 

豆から挽くので、機械の内部が汚れます。

ガサツなぼくは『1ヶ月に一回』しか掃除してません。笑

 

いとちん

最低でも1ヶ月に一回。できるなら2週間に1回は掃除した方がいいかと。

 

  • 洗うパーツ

 

デロンギのメンテナンス

 

このパーツは『デロンギの心臓』です。
なぜならコーヒーを抽出する部分だから!

 

デロンギ メンテナンス

 

内部に入ってます。

ササッと水洗いするだけですが、二週間に1回は洗いましょう。

 

メンテナンスしないと味が落ちるので注意。

 

2:音がうるさい 

 

豆を挽くので結構うるさいです。
掃除機くらいの音があるため、赤ちゃんが寝てるときは使いづらいかも。

 

いとちん

ファミレスにある機械と一緒で、豆を挽くときの音はデカめです。

  

3:硬水は使えない

 

正式には硬水(ミネラルウォーター)も使えますが、メンテナンスが増えるだけです。

 

※硬水がNGなワケ
軟水と比べて石灰が溜まりやすく、コーヒーを抽出する管が詰まりやすいです。

 

管が詰まった場合は「専用の液を入れて30分ほど放置」する必要があります。硬水はかなり面倒なので、デロンギを使うなら軟水か水道水を使いましょう。


いとちん

ぼくは1年間『水道水』を使っていますが、一度も管が詰まったことはありません。

 

補足:外側のメンテナンスは簡単

 

内部のメンテナンスはめんどうですが、外側はかなり簡単です。

 

やることは、2日に一回コーヒー豆のカスを捨てるだけ

 

 

豆カスを捨てて、汚れが気になったら水洗いすればOK!

 

いとちん

説明書には『毎日洗って』と書いてありますが、ぼくは一週間に1回まとめて洗ってます。

 

他社製品との比較【メンテナンス】

 

他社のコーヒーメーカーの『メンテナンス事情』も見ていきましょう。

 

 

  • ネスプレッソ
    → カプセルを捨てるだけですが、抽出口の高さを調節できないので、受け皿もかなり汚れます。
  • パナソニック
    → めちゃくちゃ大変そう。ぼくは使ったことがないですが、公式サイトで見たら工程が無数にありました。
  • ツインバード
    → ミルを分解して掃除する必要あり。価格は4万円超えなのに、メンテナンスは多めです。

 

 

いとちん

洗い物は絶対にやりたくない!って人は、ネスプレッソがおすすめです。

 

マグニフィカSを買ってよかったメリット4つ

 

  • 朝活が習慣になった
  • コーヒー代の節約になった
  • カフェジャポーネが最強
  • 有名なメーカーだから安心

 

①:朝活が習慣になった

 

朝活しようと思ったのに、また寝ちゃったよ…。

 

こんなことが、マグニフィカSを買っただけでなくなりました。

 

いとちん

ぼくにとって6万円はめっちゃ大きな買い物。しかもコーヒー代!
それでも、朝活を習慣にできるなら安い買い物でした

 

 

デロンギが家にあるのは『初めての体験』でしたが、買ってから300日ほど朝活しています。

 

②:コーヒー代の節約になった

  

マグニフィカS コスパ

 

  • 一杯あたり約15円〜と破格のコスパ。

 

まだ、コンビニで100円のコーヒーを買いますか?

 

水筒を使えば、たった15円で持ち運びもできますよ!2杯ちょっとは入るので、量的にも満足ですね!

 

 

 

③:カフェジャポーネが最強

 

マグニフィカSについてる機能です 

カフェジャポーネとは

 

日本モデル限定の、レギュラーコーヒーを入れられる機能です。

 

  • 気になりませんか?

 

エスプレッソとレギュラーコーヒーを合体させた味わいは、マグニフィカSでしか飲めないですよ。

 

④:有名なメーカーだから安心

 

 

デロンギは1974年から続く、イタリアのブランドです。

 

デロンギの信頼性
  • コーヒーメーカーの世界売り上げNO.1
  • オイルヒーターでも売り上げ1位
  • 40年以上続いてるブランド

 

いとちん

世界47ヵ国で、コーヒーメーカーの売り上げNO.1
圧倒的です…。

 

そのほかの「買ってよかったポイント」を知りたい方は【節約術】マグニフィカSを500日使ったレビュー【口コミも紹介】をどうぞ!

 

Q&A!デロンギでよくある質問『疑問を全て解決します』

 

マグニフィカSを使う前に、よくある質問がこちら。

よくある質問3つ
  1. :セールとかやってる?
  2. :壊れやすいって噂は本当?
  3. :豆はどこで買えばいい?

 

①:セールとかやってる?

 

セールとかやってる?
高い買い物だから、ちょっとでも安く買いたい。

 

いとちん

一年に1回Amazonでセールがあります。

ぼくはヤマダ電気の値下げ交渉もした上で『Amazonのエントリーモデル』がいちばん安かったので即ポチりましたよ!

 

 

 

  • 他社ベストセラー品との比較
  • GAGGIA アニマBX :イタリア、ミラノで80年続くエスプレッソメーカー。簡単にふわふわのミルクが作れると人気です。 値段は76,480円
  • Delonghi マグニフィカS:コスパと味の両立。 世界47ヵ国で NO.1 のブランド。 値段は55,000円
  • ツインバード:新潟県で創業70年を迎える大企業が作ったブランド。 値段は44,000円

 

 

2:壊れやすいって本当?

 

壊れやすいって聞いたけど、実際どうなの?保証はある?

 

いとちん

ほぼー年間、毎日使っても壊れる気配はありません。

万が一壊れても、1年間はメーカー保証がついています!


Amazonで注文すれば追加の保証もありますよ。

 

 

3:豆はどこで買えばいい?

 

豆はどこで買えばいい?Amazonでオススメはある?

 

いとちん

スタバの豆がおすすめです!お店で飲むより『70%OFF』ですよ!

大容量なので「ジップロック」に入れて冷凍保存がオススメ!

 

 

 

 

今だけ限定!最高級コーヒー豆がもらえる?

 

 

  • デロンギ専用のコーヒー豆!

250gで1,000円以上する、めっちゃ高級品です。

 

今だけ、デロンギを買ってからSNSに『#デロンギのある暮らし』を入れて投稿すると2袋もらえます。

 

 

こんなお宝キャンペーン
いつ終わるかわかりません。

 

明日から、サクッと朝活しませんか?

 

\ セール開催中! /

 

まとめ:マグニフィカSは安すぎる

マグニフィカS アイスコーヒー

 

ぼくはマグニフィカSを買ってから朝活が習慣になり、節約にもつながりました。

 

1杯の原価はたったの15円ほど!

 

水筒に入れて持ち歩けばカフェに行く必要もありません。

 

紹介したメリット4つ!

  • 朝活が習慣になった
  • コーヒー代の節約になった
  • 好きな濃さに調整できる。
  • カフェジャポーネが最強

 

想像してください。

朝活が習慣になり、鏡の前でほほえむ姿を

 

\ 今だけ最高級コーヒー豆がもらえる/

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

新卒で大手企業の保育士→3年目でリーダーになり給料が3,000円しか上がらないことに絶望→副業でWEBライターを初める→月収6ケタ達成→保育士をやめる→現在は散歩ついでにネット回線の営業をしています。

保育士のセカンドキャリアを全力で応援。

コメント

コメントする

目次
閉じる