保育士からたった3ヶ月で受付に転職する手順【派遣はやるな】

読者の悩み
  • 保育士に向いてなかった
  • まったり働きたい
  • 受付ってどうなの?
派遣イヤ…

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば「保育士から受付に転職できるのかな」と悩むことはなくなり、まったり働ける職場を見つけられますよ!

なぜなら、保育士から異業種に転職した僕が「失敗しない転職の流れ」を紹介するから。

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いている僕は、保育士から異業種に転職。

現在はフリーランスになりつつ、在宅でまったりと働いています。

記事の前半では「受付に転職するメリット」、後半では「受付に転職する手順」を紹介していきます。

記事を読み終える頃には、残業のないホワイトな職場に転職できますよ!

※事務に転職したい方は保育士から事務職に転職する簡単4ステップ【志望動機つき】」を見てくださいね!

目次

保育士から受付の主な転職先

以下のとおりです。

  1. 脱毛サロン
  2. 不動産の受付
  3. 一般企業の受付
  4. 病院・歯医者の受付
  5. 携帯ショップの受付

この記事では、未経験から正社員になれる「美容サロン・不動産の受付」を例に解説していきますね!

※一般企業の受付は派遣がメインとなります。保育士より給料が低いので、おすすめしません。

受付スタッフの仕事は大きく3つ!

仕事内容は大きく3つです。

  • 来客の応対
  • 電話の対応
  • 備品の管理

サラッと紹介していきます。

1:来客の応対

まず、お店に来たお客さんへの対応です。

具体的には「会員カード」を発行したり、アプリの登録をサポートします。

基本的には「保育園の受け入れ」とやることは一緒でして、難しいことはありません。

2:電話の対応

こちらも、保育園と同じくですね。

お客さんからの電話に出て、予約の管理をします。

電話は苦手だなと思うかもしれませんが、最近は「アプリで予約OK」なお店が多いです。

たとえば、冒頭で紹介した脱毛サロンだと、大手の「ミュゼ」はオンラインで予約できますよ。

3:備品の管理

最後に、備品の管理です。

足りなくなった商品を発注するだけですので、難しいことはないですね。

いとちん

保育士の経験があれば、受付で困ることはないですよー!

保育士が受付に転職するメリット5つ

メリットは次のとおり。

  • ビジネスマナーが身につく
  • 保育士の経験を活かせる
  • 残業がほとんどない
  • 特別な資格が必要ない
  • 平日に休める

順番に解説していきます。

1:ビジネスマナーが身につく

受付に転職すると、ビジネスマナーが身に付きます。

なぜなら、名刺交換をしたりするから。

たとえば「不動産の受付」に転職すると、取引先と名刺を交換したり、お茶を出したりします。

保育士が知らない「ビジネスマナー」を学べるのはメリットですね。

2:保育士の経験を活かせる

繰り返しですが、保育士の経験は受付で活かせます。

というのも、保育園の「受け入れ」も受付みたいなものですからね。

受付の流れ

  • 元気に挨拶
  • お客さんと話す
  • 店内に案内する

ざっくりですが、上記の流れです。

保育士も受付も、同じ「接客業」なので、やることは大きく変わりません。

3:残業がほとんどない

受付スタッフは、残業がほとんどありません。

  • 職業別:残業ランキング
事務職の残業時間
出典:DODA

画像のとおりで、ホワイトな職種1位になっています。

保育士からの転職先に人気なのも、納得ですね。

4:特別な資格が必要ない

受付をするのに、特別な資格は必要ありません。

しかし「パソコンを使う業務」があるため、タイピングの理解は必須になりますね。

保育士は「パワーポイント」を使った経験があると思うので、問題ないかと。

5:平日に休める

受付スタッフは「接客業」なので、平日の休みが多いです。

保育士だと月に1回「土曜日の振替休日」があると思いますけど、転職したら平日休みが普通になりますね。

もしかしたら「土日に休みたい」という方も多いと思うので、おすすめの転職先を知りたい方は「保育士から異業種に転職を成功させたぼくが教える!失敗しない転職先」をどうぞ。

資格を活かせる転職先は「【手取り30万】保育士資格で稼げる仕事5つとおすすめの副業3つ」で紹介しています。

保育士から受付に転職する手順

結論は次のとおり。

  • 転職エージェントに登録
  • 求人を比較して転職先を決める
  • 職務経歴書を書く

順番に深掘りしていきます。

①:転職エージェントに登録

まずは転職エージェントに登録しましょう。

なぜなら、保育士をしながらラクに転職できるから。

  • 転職エージェントのメリット
  • 保育士でも受かりやすい会社を紹介してくれる
  • 適正に合った職種を「厳選」して紹介してくれる
  • 転職サイトより『質の良い求人』が多い
  • 書類の書き方、面接対策も無料でサポート
  • 日程調整、給料交渉を代わりにやってくれる

上記のとおりで、自分で「面接の日程」を決めたりする必要はありません。

※僕はエージェントを使わずに転職しようとしましたが、、正直かなりキツかったです。

これから転職する方は、素直にエージェントに登録しましょう。

保育士におすすめの転職エージェントは3つだけ

とはいえ、どの転職エージェントが「保育士に強い」のか疑問に思うはず。

そこで、保育士の僕が実際に使って良かったエージェントを3つだけ紹介します。

正直、上記3つ以外は登録不要ですね。

エージェントによって「紹介する求人」がちがうので、最低2つのサイトに登録しましょう。

②:求人を比較して転職先を決める

転職エージェントに教えてもらった求人を比較します。

なぜなら、受付スタッフだと「ボーナスがない会社」があるから。

受付の給料は、業界の「客単価」で決まります。たとえば、不動産は「1件で3000万円」の売り上げになるため、ボーナスのある会社が多いです。

反対に、一般企業の派遣社員になると、ボーナスはほとんどありません。

実際に求人を比較して、ボーナスのある職場に転職しましょう。

いとちん

ボーナスはモチベーションになりますからね!

③:職務経歴書を書く

行きたい会社が決まったら、職務経歴書を書いてみましょう。

とはいえ「書いたことない」という人も多いと思うので、具体例を紹介します。

  • 書類の具体例
職務経歴書の型

上記のとおりで、1人で書くのは難しいかもしれません。

転職エージェントがサポートしてくれると思いますが「【例文あり】保育士から異業種の職務経歴書」からサンプルを無料でダウンロードできます。

自己PRの書き方や面接対策は以下の記事で解説しています。

保育士が受付に転職する注意点3つ

注意点は、次のとおりです。

  1. 派遣社員は3年が限度
  2. 年収が下がる可能性がある
  3. 30代からの転職は難しい

順番に深掘りしていきます。

1:派遣社員は3年が限度

派遣社員だと、同じ会社にいられるのは「3年が限度」になります。

なぜなら、派遣社員は「正社員になる前提」で雇われるから。

たとえば、バイトには「研修期間」がありますよね。派遣社員も同じでして、お試し期間のイメージです。

つまり、3年後に「正社員」になれない場合は、、転職をやり直さないといけません。

派遣は「簡単に就職」できますけど、痛い目を見ないように注意です。

2:年収が下がる可能性がある

受付スタッフの年収は、次のとおり。

受付の給料
出典:求人BOX

保育士の年収は「平均320万」なので、若干ですが受付スタッフのほうが高いですね。

とはいえ、企業の保育園は「年収350万」が当たり前です。

保育園の給料については「【保育士必見】副業OK保育園71個を一覧にしました【求人あり】」で詳しく解説しています。

3:30代からの転職は難しい

30代から未経験の業界に転職するのは、正直キビシイです。

というのも、30代は「即戦力採用」になるからですね。

しかし、30代でも「副業の経験」を活かせば一般企業に転職できます。

詳しくは「たった6ヶ月で30代保育士が異業種に転職する方法【副業のススメ】」をどうぞ。

【Q&A】保育士から受付に転職する疑問を解決します

最後に、保育士から受付に転職する疑問に答えます。

質問①:キャリアが心配です

悩む保育士

簡単に働けそうな受付を選んだけど、将来のキャリアが心配です。

いとちん

キャリアは副業でデザインすればOKです!

この記事を書いている僕は「派遣社員→フリーランス」になりましたので。

出世を考えている方は、資格を取ったり、上司の機嫌を取るしかないと思います。

繰り返しですが、副業で自分のキャリアを考えるのがおすすめです!

質問②:出会いがないか心配……

悩む保育士

保育園だと出会いがなかった。
受付スタッフも女社会だからなー。

いとちん

不動産の受付スタッフなら、営業と接点があるのでおすすめです。

とはいえ、出会いがない職場も多いと思います。

僕の友人の保育士は、マッチングアプリで知り合う人が多いと言ってましたよー!

質問③:手取り20万以上の受付はどの業界ですか?

悩む保育士

転職するなら給料を上げたいです。
手取り20万を超える業界はどこ?

いとちん

ズバリ、単価の高い業界です。

・脱毛
・不動産
・金融

上記の3つは、お客さん1人が「10万円」は使うので、ハズレがないと思います。
繰り返しですが、未経験OKの求人が多いのは、脱毛と不動産になりますね。

まとめ:保育士は受付に転職できる

この記事で紹介した「保育士が受付に転職する3つの手順」を実践すれば、保育士を辞めてまったり働けるようになりますよ!

とはいえ、受付スタッフは人気なので早い者勝ちです。

  • 受付に転職する手順
  1. 転職エージェントに登録
  2. 実際の求人を比較する
  3. 職務経歴書を書く

いまから実際の求人を比較すれば、たった3ヶ月で受付に転職するのも夢ではありません。

早め早めに行動して、保育士をキレイさっぱり辞めましょう。

  • この記事で紹介した転職エージェント

最後に:受付に転職したら副業がおすすめ

受付に転職したら、WEBライターの副業がおすすめです。

なぜなら、脱毛や不動産は「1文字2円」で記事を書けるから。

2,000文字書いたら4,000円になるので、やらない理由はないですね!

詳しくは「14万稼いだ僕が教える!副業WEBライターの始め方【未経験OK】」で解説しています。

保育士から受付

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次