【体験談】保育士が転職に失敗して学んだ3つのこと【異業種あり】

読者の悩み
  • 転職してみようかな
  • でも、失敗は怖いな
  • 周りの人はどうしてるの?
働き方

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば「転職しようかなぁ」と悩むことはなくなりますよ!

なぜなら、26歳で転職を2回した元保育士が「体験談」を紹介するから。

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いている僕は、転職を2回しています。

  • 1回目:保育士転職
  • 2回目:異業種に転職する
  • 現在:文章で稼ぐフリーランス

こんな僕が、転職のメリット・デメリットを紹介します。

本記事の内容

  • 保育園を変えた体験談
  • 保育士から異業種の体験談
  • 転職に失敗して学んだ3つのこと

先に結論をお伝えすると、転職を繰り返して満足しています。

記事を読み終えるころには、転職をポジティブに考えられますよ!

目次

ブラック保育園→ホワイト保育園に転職した体験談

ブラック保育園→ホワイト保育園に転職した体験談

繰り返しですが、転職を繰り返して満足しています。

保育園を変えて良かったことは、次のとおり。

  • ICT化が進んでた
  • やりたい保育ができた
  • 通勤が60分→20分になった

ICT化が進んでた

転職先の保育園は、ITをフル活用していました。

  • 実際の業務
  • おたよりはPCでかく
  • 指導案はタブレッド
  • 連絡帳は電子化

一方で、転職するまえの保育園は超アナログです。

「えんぴつで下書き→ボールペンで清書」が普通になっていまして、時間がいくらあっても足りませんでした。

やりたい保育ができた

新しい保育園では、やりたい保育をやらせてくれました。

たとえば、まえの保育園は「木登り禁止」でした。理由はシンプルに「危ないから」ですね。

しかし転職先の保育園は、親と相談しつつ、やってもいいよというスタンス。

規制がゆるいと、ストレスを感じづらいです。

職員の方も「ゆるふわな人」が多く、恵まれていました。

通勤が60分→20分になった

通勤は、片道40分も短くなりました。

往復だと1時間20分も短くなり「自由に使える時間」が増えましたね。

※1ヶ月にすると「26時間10分」も、通勤から時間を取り戻せました。

どれだけ時間をムダにしていたか、ハッとさせられましたね。

家から近い保育園はかならずある

ぼくは「千葉→東京」の保育園に出勤していました。

でも、電車に乗りながら「なんで、遠い保育園で働くんだろ?」と思う日々。

通勤時間を短くするだけでも、自分の時間を取り戻せます!

とはいえ、ホワイト保育園を辞めました。

ストレスの少ない保育園でしたが、1年も経たずに辞めました。

なぜなら、保育士を続けても「生活は豊かにならない」と確信したから

  • 生活が豊かにならない理由
  • 持ち帰り仕事がある
  • 給料が上がらない
  • 少子化で保育園の縮小が始まる

夢だった保育士の仕事を辞めるのは、正直しんどかったです。

とはいえ、保育士は資格があればいつでもできますからね。異業種に転職しました。

転職先の保育園をやめてニートになった

異業種に転職する前に、ぼくはニートになりました。

というのも、プログラマーを目指して転職活動を始めたのですが、受かりませんでした😭

  • 保育園を辞めた時の状況
  • 次の職場は決まってない
  • 副業の収入は3,000円
  • 貯金は3万円くらい

ニートには萎えましたけど、時間だけはありましたね。

なので、この頃から「副業」を始めており収入は3,000円くらいありました!

ブログを書いたり、WEBライターをしましたが、生活できるレベルではなかったですね。

保育士から異業種に転職した体験談

元保育士でニートから、異業種に転職しました。

  • 異業種の給料
保育士の給料

異業種に転職してからは、手取り23万〜30万です。

副業も入れると、安定して30万円を超えました。

ニートだとブラック企業しか受からないでしょ?」と思うかもですが、めっちゃホワイトです。

  • 異業種の働き方
  • 持ち帰り仕事ゼロ
  • 1日7時間しか働かない
  • 遅くまで頑張る=悪の働き方

持ち帰り仕事ゼロ

当たり前かもですが「持ち帰り仕事はゼロ」でした。

保育園にいると「家で仕事をするのは当然のこと」だとすり込まれます。しかし、異業種では「非常識」です。

他にも保育園にないことがありまして……

  • いつでもトイレに行ける
  • 好きにコンビニに行ける
  • サボってスマホいじりできる
  • 休けいは自由にとって良い
  • 掃除は専門スタッフがする

「仕事ってこんなに自由なんだ」と思ったのが、素直な感想です。

もちろん、サービス残業もありませんでした。

1日7時間しか働かない

僕が転職した会社は、1日「7時間」労働でした。

「そんな会社あるの?」と思うかもですが、求人を見るとチラホラあります。

  • 参考:7時間労働の求人
7時間の求人
出典:doda

業界大手のdodaだと「475件」もありました。

未経験から転職するのは難しいと言われていますが、とはいえ不可能ではありません。

「たまたまラッキーな求人が合ったから転職できたんでしょ?」と言われたら、そのとおりです。

でも、チャンスを逃さないために準備はしていました。

異業種に転職する方法は「保育士から異業種に転職を成功させたぼくが教える!失敗しない転職先」で紹介しています。

保育士をずっとは続けられないという方は、ぜひご覧ください。

遅くまで頑張る=ダメな働き方

異業種では、遅くまでがんばるのは「ダメな働き方」でした。

たとえば保育園だと「遅くまで書類を書くリーダー」がいますよね。そして園長は「あの人、がんばってる」と評価します。

  • でも、ちがうはず

遅くまで頑張るのがえらいとか、我慢して仕事するのがえらいとか、ハッキリ言って「昭和の価値観」です。

仕事はすぐに終わらせて、定時に帰る。

自分の時間を大事にするほうが、人生の幸福度は高いはずです。

※空いた時間で副業もできますからね!

7時間労働の仕事も辞めました

というわけで、僕は異業種の働き方があっていました。

でも、、辞めましたね

理由はシンプルに、出勤に耐えられなくなったからです。

  • 働き方は選べる時代
副業ライター収入

偏差値35の元ニートでも、現在は文章を書いて生活しています。

「どうやって稼いだの?」と気になる人もいるかもですが、なにか「特別なスキル」があるわけでもありません。

もともと文章が得意だったからでもありません。

1つだけ違うのは、人よりも働き方に悩み、行動してきたことです。

保育士が転職に失敗して学んだ3つのこと

保育士が転職に失敗して学んだ3つのこと

自分の履歴書をみると「あっ、こいつ1年でまた辞めるな」と思います。

しかし、社会のレールから外れて良かったことは、次のとおり。

  • 働き方で我慢する必要はない
  • 自分の時間は取り戻せる
  • めんどくさいのは1日だけ

働き方を我慢する必要はない

自分の人生です。働き方を我慢する必要はありません。

もっと具体的に言えば、保育士の正社員で働くことに、こだわる必要はありません。

  • 新しい働き方

世の中には正社員の人がたくさんいます。

でもそれは、正社員になりたい人が、正社員で働いてるだけです。

自分が「無意識に正しいと思ってないか?と考えると、新しい働き方が見つかるはず。

引きこもりつつ、稼ぎたい

僕は「引きこもりながら働きたい」とずっと思っていました。

なぜなら、雨の日に出勤したくないから。

保育園だと、雨の日は最悪ですよね。子どもは落ち着かないし、体を動かしたい気持ちもわかるし……ジゴクです。

「自分には在宅ワークなんて無理」と、2年前の僕は思っていました。

しかし現在は、引きこもりつつ生活しています。

自分の時間は取り戻せる

自分の時間、充分にありますか?

  • 通勤を短くする
  • 残業はしない
  • 仕事は持ち帰らない

上記の3つを実践するだけで、自分の時間を取り戻せます。

たとえば「激務で年収1000万」とか、わりと興味のない人が多いはず。

それよりも、ゆるふわに働きつつ、自分の時間を大切にしたいですよね。

めんどくさいのは1日だけ

めんどくさいのはたった1日だけです。

というのも、転職は「最初の一歩」が重いだけだから。

  • 実際に求人を見てみる
  • スマホで履歴書を作る
  • 職務経歴書だけ書いてみる

なにか一つでも実践すれば、新しくやりたいことが見つかるはず。

実際にぼくはフリーランスですが、保育園の求人を見たり、一般企業の求人を見たりもします。

まとめ:保育士は自分の時間を取り戻すべき

この記事で紹介した「転職の体験談」を参考にすれば、あなたもやりたい仕事が見つかりますよ!

この記事の要約

  • 保育園を転職した感想
    • 手書きの書類から解放
    • やりたい保育ができた
    • 通勤が20分になった
  • デメリット
    • 持ち帰り仕事がある
    • 業務内容は変わらない
  • 保育士から異業種の体験談
    • 持ち帰り仕事ゼロ
    • 1日7時間しか働かない
    • 遅くまで頑張らなくて良い
  • デメリット
    • 転職の難易度が高い
  • 失敗から学んだ3つのこと
    • 働き方は選べる
    • 我慢は必要ない
    • めんどくさいのは1日だけ

転職で悩んでる方は『自分の時間が足りない』と思ってるはず。

現実を変えるには、実際に求人をみたりするのが1番です。

行動用のリンクを、以下に用意しておきます。

保育士 転職 体験談

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次