【2022年最新】オーディブルのデメリット8選【体験談です】

読者の悩み
  • オーディブルのデメリットは?
  • 1500円もするから損したくない
  • 安く使う方法はないの?
損したくない

こんなお悩みを解決する記事を書きました!

この記事を読めば「オーディブルは損するのかな」と悩むことはなくなり、時間を有効に使えるようになりますよ。

なぜなら、オーディブルを10ヶ月使ったぼくが「正直なデメリット8つ」を紹介するから。

この記事を書いた人

いとちんのプロフィール
Twitter

この記事を書いているぼくは、オーディブルを10ヶ月使っています。

1,500円は高いので辞めようかと思いましたが、現在も継続中です。

5月は30冊ほど聴きました

オーディブル聴き放題
オーディブルの読書量

記事の前半では「オーディブルのデメリット8つ」、後半では「他社サービスとの比較」をしていきます。

記事を読み終える頃には、オーディブルのデメリットを理解しつつ、他社サービスとの違いも理解できますよ!

目次

【2022年最新】audible(オーディブル)の聴き放題とは?

オーディブル聴き放題

2022年1月27日から、オーディブルが聴き放題になりました。

詳細は後ほど解説しますが、今までのデメリットを克服した内容になっています。

従来の「コイン」は無くなりました

オーディブル聴き放題

昔は”コイン”と引き換えに、オーディオブックを買っていました。

つまり、1ヶ月に1回「会員費の1,500円を払うと、本が買える」といった内容でして、なんとも微妙だったんですよね。。。

そのため、実はオーディブルの評判も良くなかったです。

いとちん

以上の点を踏まえて、オーディブルのデメリットを紹介していきます。

【体験談】audible(オーディブル)のデメリット8つ

以下のとおりです。

  1. 月額料金が高い
  2. 本を買いたい人には向かない
  3. 全ての本が聴き放題じゃない
  4. 太字・マーカーの箇所がわからない
  5. 図解・イラスト豊富な本は頭に入ってこない
  6. ながら聴きにも条件がある
  7. アプリが重く、時間がかかる
  8. 正直、評判がわるい

①月額料金が高い

恐らく [オーディブル デメリット] で検索した方は、値段が1番のデメリットだと思ってるはず。

ぼくもオーディブルを使う前に「けっこう高いな」と感じたので、気持ちはよくわかります。しかし冒頭で紹介したとおり、現在は聴き放題でして、格安に生まれ変わりました。

※ビジネス書を1冊買うよりかは、はるかにお得です。1冊1,500円以上する本も聴き放題ですので。

②本を買いたい人には向かない

とはいえ、本を買いたい人にオーディブルの聴き放題はおすすめできません。

なぜなら「1冊の値段が高いから」ですね。

  • 参考:嫌われる勇気
嫌われる勇気オーディブル

累計700万部を売れたベストセラー「嫌われる勇気」ですが、オーディブル版は3,000円と超高いです。

※会員になると30%オフの2,100円で購入できますが、それでも高いです。本を買いたい人は「audioBook. jp」の方が安いですね。詳しくは後述します。

③全ての本が聴き放題じゃない

聴き放題には「対象外」の作品もあります。

とはいえ、新書も含めてほとんどの本は聴き放題になるイメージ。

  • 2022年の新書を紹介
NFT メタバース オーディブル
audible新書

いわゆるバスワードの「NFT・メタバース」の本も聴き放題の対象作品です。左の世界2.0は、2022年の3月31日に発売した本。

新書も1ヶ月半で、オーディブルの聴き放題になりました。

いとちん

次の見出しから「機能面」でのデメリットを紹介します!

④マーカー・太字の箇所がわからない

紙の本のように、重要なマーカーの部分を“パッと見て”理解できないのは不便です。

しかし、オーディブルは「ナレーターが声の抑揚」で重要な箇所を表現してくれます。

  • 参考:著者が朗読する本
ローランド

例えば、芸能人のローランドさんが書いた「俺か、俺以外か」は、本人が朗読しています。

ぶっちゃけ、紙の本を買うよりオーディブルのほうがわかりやすいかも。

※どうしても文章だと「感情が伝わってこない部分」がありますよね。でも、オーディブルだと声から感情を読み取れます。

これまでの”本の弱点”を、見事にカバーしてますね。

⑤図解・イラスト豊富な本は頭に入ってこない

オーディブルは、いわゆる「読みやすい本」に向いていません。

というのも、図解たっぷりの本だと「耳で聴きつつ、図を見る」必要がありまして、読んだ方が早いです。

※オーディブル1番のメリットは「ながら聴き」だと思います。しかし、イラストを見る必要がある本だと、結局スマホの画面を見ないといけません。

正直にいうと、まったく頭に入ってこないですね。

⑥ながら聴きにも条件がある

  • ながら聴きにも条件があります。

ぼくの場合は「感情が動く体験とセットで聴くのは無理でした。

具体的には以下のとおりです。

ながら聴きの条件

  • 洗濯物を干しながら聴く→OK
  • ニュースを読みながら聴く→NG

家事などの「日常のルーティン」に組み込めば、問題なく”ながら聴き”できます。

⑦アプリが重く、時間がかかる

オーディブルアプリ 重い

先に結論をいうと、改善されました。

聴き放題になった直後はアプリが重すぎて、開くのに「5秒くらい」かかりましたね。

アップデートで解決したので、ご心配なく。

⑧評判がわるい

コイン制の評判は絶望的でした。

しかし、聴き放題になってからは評判や口コミも良くなりましたね。

従来の「コイン制」の評判は、次のとおりです。

というわけで、評判も回復してます。

もっと詳しい口コミは【失敗あり】オーディブルの聴き放題をレビュー【評判・口コミ紹介】をどうぞ。

  • 記事の前半は以上です

次の見出しからは「他社サービスとの比較」をしていきます。

オーディブルとaudioBook. jpの比較

audio Book.jp
audio Book.jp

実はAmazonオーディブル以外にもaudioBook.jpという聴き放題サービスがありまして、なんと1ヶ月880円で使い放題です。

  • もちろん登録しました
audio Book.jp

オーディブルに払っていた「1ヶ月1,500円の会費」が880円になればと思い、使ってみました。

しかし結論は、、圧倒的にAmazonオーディブルがおすすめです。

AmazonオーディブルとaudioBook. jpの早見表

  • 違いは次のとおり
スクロールできます
オーディブルaudio Book.jp
料金
(1ヶ月)
1,500円880円
聴き放題
作品
12万冊1万冊
本人朗読ありなし
レビュー機能
あり
なし
支払い方法クレジットカード
デビットカード
クレジットカード
携帯まとめ払い
運営会社Amazonオトバンク
無料体験30日間14日間
無料ではじめる使ってみる

繰り返しですが、両方つかった感想としては「さすがはAmazonだな……」と。

audioBook.jpも悪くはないのですが、ナレーターの質がちょっと低いです。

例えるなら「オーディブルは会話してる感覚」に近くて、audioBook.jpは”素人の落語”を聞いてる感覚。なんというか、リズムが独特です。

言葉を選ばずにいえば「安かろう・悪かろう」だった印象。毎日つかう物なので、ぼくはオーディブル1択です。

補足:audio book. jpにもメリットがある

フォローする訳ではないのですが、オーディオブック.jpは本を安く買えます。

たとえば、前半でも紹介した「嫌われる勇気」は、audioBook.jpの方が安いです。

  • 嫌われる勇気の比較

Amazonオーディブル→2,100円

オーディオブック.jp→約1,500円

というわけで、嫌われる勇気を買いたい方はオーディオブック.jpのほうがお得です。

まとめ:オーディブルはデメリットだらけ?いいえ、聴き放題で変わりました

この記事で紹介したオーディブルのデメリットを理解すれば、読書が習慣になり「時間を有効に使える」ようになりますよ。

「1ヶ月1,500円は高い」と思うかもしれませんが、本のクオリティは文句なしです。むしろビジネス書1冊の値段で”聴き放題”なので、本屋に行くよりお得ですね。

  • まだ間に合います
オーディブル 登録方法

今なら30日間の無料キャンペーン中。

この機会にオーディブルを試したい方は、今のうちに無料体験をどうぞ。

\ たったの1分で登録

※30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません。

最後に:オーディブルの効果を紹介→浪費ではなく自己投資

お金の使い方には「浪費と、投資」があると思っていまして、オーディブルは自己投資です。

この記事を書いているぼくは、オーディブルで勉強しつつ、ブログでアウトプット。現在は当ブログで「月59,000円」の収益が出ています。

  • ブログ収益ツイートを紹介

もともとはITオンチの保育士ですが、浪費ではなく「自己投資」にお金を使った結果、生活も安定してきました。

たとえば会社員の方なら、仕事や転職の本が役に立つはず。

今から自己投資を始めても、決して遅すぎることはありませんよ。

  • オーディオブックの比較表
スクロールできます
オーディブルaudio Book.jp
料金(1ヶ月)1,500円880円
聴き放題対象作品12万冊1万冊
本人朗読ありなし
レビュー機能
あり
なし
支払い方法クレジットカード
デビットカード
クレジットカード
携帯まとめ払い
運営会社Amazonオトバンク
無料体験30日間14日間
無料ではじめる使ってみる

オーディブルの解約方法は、以下の記事で解説しています。

オーディブルでおすすめの本は、以下の記事をどうぞ。

オーディブル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらフォローしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次